スマートフォンのテザリングとは

テザリングとは? テザリングを使ってiPod touchのネット回線に

 

sumaho

みなさんは「iPod touch」を外に持ち出す時、どのようなネット環境で使っていますか?Wi-Fiのフリースポットを探して使う「節約タイプの方」も多いでしょう。

 

 

ただ、そのような「無料のネット環境」が、どこにでも整備されている訳ではありません。イチイチ探して使うのは、多少面倒かもしれませんね…。こんな時に、ぜひ活用したいのがスマートフォンの「テザリング機能」です。

 

 

テザリング機能は、スマートフォンをモバイルルーターと同じように使えるので、どこでもiPod touchをネットに接続する事が出来ます。もちろん、iPod touch以外にもニンテンドーDSやノートパソコンなど、幅広く利用する事が出来ます。

 

 

テザリング機能のメリット

 

スマートフォンの回線のみの1契約で、iPod touchのインターネット回線にする事ができます。ですので、実質iPod touchのネット料金はかかりませんし、また別途ネット回線を契約する手間が省けます。

 

 

また、LTEエリアは狭いですが、3Gエリアは広いため、スピードは落ちますが特にdocomoなどは広いエリアでインターネットをする事ができます。

 

 

テザリング機能のデメリット

 

@ スマホの電池の消費が早くなる

 

まず、最も大きな問題は、テザリング機能を使った場合「電池の消費が早い」という事です。このため、外出先で電池不足に悩まされる事も多くなります…。

 

 

A 通信速度が遅くなる(回線が安定しづらい)

 

また、テザリング中は、元となるスマートフォンには、3G回線もしくはLTEで接続を行いますが、iPod touchとスマートフォンの端末間はWi-Fiで接続されます。スマートフォンはWi-fi接続専用に作られた端末でないため、ここでスピードが落ちる事があります。LTEの速度を活かしきれないのが、テザリングのデメリットと言えるでしょう。

 

 

その他

  • テザリングが可能なLTEエリアはWiMAXより狭い
  • 利用料金がWiMAXの3,880円に対して、テザリングは5,460円〜5985円と高額

な事も上げられます。

 

 

iPod touch×WiMAXを最安値で手に入れるなら

WiMAXのキャンペーンを利用しましょう。
WiMAXは、申込み先(プロバイダ)によって行っているキャンペーンが違うため、利用料金に差が出ます。

プロバイダによっては、10,000円を超えるキャッシュバックを行っていますのでiPod touchを購入する資金に当てることもできます。

ちぇっく WiMAXのキャンペーン情報をチェックする